あがりや緊張の正体
緊張とは何でしょうか?どうして私たちは緊張するのでしょうか?

この問いを正しく理解するカギとなるのが「ストレス」です。ストレスは、「緊張」そして「あがり症」や「平常心」に深く関わりがあります。そこでまず簡単にストレスについて解説したいと思います。

あなたにとってのストレスとはどんなことでしょうか?人前でのスピーチ、試験や面接、わがままな新入社員、気難しい部長、残業や休日出勤、期限の迫ったノルマなどでしょうか?CapD20150517

これらは、心理学用語では、ストレスではなく、ストレッサーと呼んでいます。ストレッサーというのは「外的要因」という意味で、まさにプレッシャーのことです。

右図で説明すると、ボールが、ストレッサーであり、プレッシャーです。

そして、本来の意味でのストレスとは、ストレッサーによって引き起こされるスポンジの「歪み」のことであり、「ストレス反応」と呼ばれるものです。

つまり、緊張とは、プレッシャー(ストレッサー)によって引き起こされるストレス反応です。本番で力を発揮できないあなたの場合、プレゼンや入学試験というストレッサーによって、緊張というストレス反応が起きてしまっているということです。

さらに詳しく説明すると、プレッシャー(ストレッサー)によって引き起こされるストレス反応は大きく2つに分けられます。それが、「心理反応」と「生理反応」です。

ストレスの心理反応 気持ちに関するもの
  • 不安で仕方がない
  • 落ち着かない
  • 失敗したくない
  • 逃げ出したい
ストレスの生理反応 身体に関するもの
  • 心臓の動悸
  • 頭に血が上る
  • 冷や汗
  • 体が震える
  • 目が充血する
  • 顔が引きつる

 

さて、ここで質問です。「緊張」とは、一体どちらのストレス反応でしょうか?

心理反応でしょうか、生理反応でしょうか?

答えは両方ですね。国語辞典をひも解いても、緊張とは「心やからだが引き締まること。慣れない物事などに直面して、心が張りつめてからだがかたくなること」(大辞泉)とあります。

拙書『「ここ一番に強い自分」は科学的に作り出せる』から