レゾナンス呼吸の「補強」
レゾナンス呼吸を繰り返すことによって、平常心をより確実に体に覚えこませることが可能になります。しかし、ただ単に呼吸をするだけでなく、レゾナンス呼吸と組み合わせることで、相乗効果によって、平常心を「補強」し、より高い効果が見込める方法がいくつかあります。

具体的な方法をみていきましょう。

 


aroma補強策① 香りの活用

現在は、アロマテラピーが人気で、種類も豊富ですし、入手も簡単なので、アロマオイル(精油)を使った方法で説明します。お店でいくつかのアロマオイルを嗅いでみて、自分のお気に入りのアロマオイルを1つ決めます。もし自分では選べないようでしたら、ローズマリーかグレープフルーツをお勧めしておきます。レゾナンス呼吸中は、アロマポッドなどで、香りを部屋に充満させてください。これだけです。

 


bgm補強策② 音楽の活用

レゾナンス呼吸中に音楽や自然音をかけるのも効果的です。音楽は自分の好きなジャンルで構いませんが、葉加瀬太郎、Gontitiなどの耳慣れたヒーリング系がおすすめです。また、自分で何が良いかわからない人は、モーツアルトをお勧めします。特に「アイネクライネナハトムジーク」という楽曲が入っているCDを探して下さい。

また、今どきは、Youtubeで、本当に様々な音楽がアップされているので、「リラックス、BGM」などで検索すると、お気に入りの音楽が見つけられるだけでなく、手軽に聞くことができるのでお勧めです。

 


補強策③ イメージの活用

レゾナンス呼吸中に、目を閉じたまま、次のようなことを追体験イメージしてみましょう。追体験とは、過去に起きた出来事を思い出し、再度、体験するという意味です。

一番理想的なのは、誰かに「感謝」しているとき、「感謝」されてうれしくなっている自分を思い出してみるのです。その他には、楽しいこと・嬉しいことを感じている瞬間の自分を思い出すこと。例えば、天気の良い日のゴルフや、ハイキングなのです。次に、リラックスしている自分を思い出すこと。たとえば、温泉やハワイのビーチでのんびりしている記憶を思い出してみるのです。

appreciationimage

上記の中で、一番大切なのは、やはりイメージです。なぜならイメージは、いつでも・どこでもできるものであり、本番直前にもできるからです。

追体験イメージは、最初はなかなか難しいかもしれませんが、これもトレーニングを重ねることで、少しずつ上手くできるようになります。

また、極度のあがり症の方には、メンタルリハーサルというイメージトレーニングが効果的ですが、メンタルリハーサルは、イメージトレーニングの中でも、かなり難しく、いきなり始めると、ほとんどの人が挫折します(あなたも挫折経験があるのではないでしょうか?)。

ですから、まずは比較的簡単な、この追体験イメージをある程度マスターしてから、メンタルリハーサルに取り組むと、より習得確率が高まるのです。

 

拙書『「ここ一番に強い自分」は科学的に作り出せる』38-45ページから