プレゼン・スピーチ

プレゼン・スピーチでの応用と事例

これまで何度も、時間もかけて準備をしたプレゼンテーションで失敗してしまったあなたでも、もうプレゼンテーションは怖くはありません。

通常、プレゼンにおいては、緊張したり、焦ってしまったり複数のパターンがあります。たとえば、導入部分、時間配分のミス、想定外の質問など、です。


プレゼン前

本番が始まるずっと前から、あなたの緊張は少しずつ高まり、本番が始まった直後に頂点に達します。あなたがプレゼンの導入で失敗してしまうのはこのためです。この失敗を避けるには、導入部分だけでもしっかりと練習しておくことが重要とよく言われます。

しかし、これまで何度も大失敗を演じたことがあるひとにとっては、どんなに周到に準備をしても、緊張が弱まることはありません。また、そのプレゼンが人生を左右するような大きなものであればなおさらです。

そんなときこそ、これまでの平常心トレーニングが役に立ちます。そんな状況では、頭でどんなに考えたところで、緊張をコントロールすることはできません。考えすぎずに、これまで繰り返しで体に覚えこませていた「平常心=心拍のコヒーレンス」を再現すればよいのです。それだけで、パニックになってしまうほど、緊張しすぎることはなくなります。

具体的には、プレゼンが始まる前に、緊張を感じてきたら、その都度、繰り返しコヒーレンス呼吸を繰り返して下さい。呼吸法の利点は、立っているときでも、座ったままでも、どこでもできることです。

何もしないと緊張感は少しずつ加速しながら、本番直後にピークを迎えます。事前に少しでもできる限りコヒーレンス呼吸で平常心を作ることで、緊張にブレーキをかけ、緊張の加速を弱めることができます。個人差はありますが、それだけで、今まで100緊張していたのが、50にも30にもなるのです。

もし、あなたが今までの半分の緊張状態で、本番を開始することができたのであれば、成功確率はぐっとあがると思いませんか?


プレゼン中

時間配分のミス

一時間のプレゼンで、まだ半分も話していないのに、時間があと10分しかなくなってしまうということもよくあったのではないでしょうか?そんな場合も、つい頭が真っ白になってしまって、あとから振り返ると何を話したのかわからなくなってしまうことが多いものです。

プレゼンで大切なのは、最初と最後であり、時間配分をミスして、最後にしっかり締めることができないと、プレゼン全体の印象が悪くなってしまいます。

あと10分しかない!こんなときには、話すスピードを上げるのではなく、ひとまずコヒーレンス呼吸を15秒ほど行って、平常心を作ってみてください。そうするだけで、焦りの気持ちがぐっと落ち着きます。

時間不足という事実を変えることはできませんが、これだけは話しておかなければいけないということを伝えるだけの余裕が生まれるはずです。

ただし、時間配分のミスに気付いたあと、コヒーレンス呼吸を1回だけ行うのでは、効果は限定的です。そのあともできる限り、スピーチの合間に、適宜コヒーレンス呼吸を行って、何度か緊張にブレーキをかけてください。

想定外の質問

プレゼンの途中や、最後の質疑応答で、まったく想定していなかった質問や突っ込みに上手く答えられず、あくせくしてしまうことがありませんか?

そんな場合にもコヒーレンス呼吸を活用しましょう。まず、質問を受けて、それが想定外であった場合、考えているふりをしながら、ゆっくりと呼吸を行ってください。焦ってしまうと、質問に対しては即答しなければいけないような気になってしまいますが、そんなことはありません。じっくりと考えた上で返答するという行為は決して悪くはないのです。

このような場合、ついつい、語り口調も早口になってしまいますが、きちんと意識して呼吸をコントロールすることができれば、話すスピードもコントロールできるようになります。


プレゼン後

大きなプレゼンのあと、失敗したときはもちろんのこと、なんとか無難に行えたときでさえ、神経が高ぶってしまい、眠れなくなってしまった経験はないでしょうか?

大勢の前で話すということは、それだけで大きなプレッシャーであり、ストレス反応を起こしてしまうものです。大きなストレス反応であればあるほど、なかなか消えていかないものです。

プレゼンに限らず、試験、スポーツなどの本番のあと、しばらく神経の高ぶりが残っていることを感じることがあると思いますが、それは錯覚ではなく、実際に体に興奮状態(=ストレス反応)が残っているのです。

このようなストレス状態では、余計なエネルギーのために、考えすぎてしまったり、否定思考に陥りがちです。何度も何度も、起こしてしまった些細な失敗を思い出してしまったり、イメージしたりしてしまうのです。

それが苦手意識となったり、トラウマの原因になってしまうことは、あまり知られていません。ですから、プレゼンの後にも必ずコヒーレンス呼吸を行って、神経の高ぶりをもとに戻すようにして下さい。


事例1:フリーアナウンサー

アナウンサーは人前で話すことが仕事なのに「あがり症」なんて・・・と思われる方もいるかと思いますが、ちょっとした不運が重なれば、ほんの些細なことに敏感になってしまい、誰でもあがり症になってしまう可能性はあるものです。それはアスリートや音楽家にも共通しています。

Mさんは、新しい番組出演で、求められるアナウンス技術が急激に高くなったことと、私生活でのちょっとしたゴタゴタなどが重なったことから気持ちが不安定になり、アナウンス練習においても、「かむ」ことが多くなり、デビューが怖くなり、自分はアナウンサーに本当に向いているのだろうか?というところまで自分を追い込んでしまっていました。

新番組のデビューが近づいていたある日、セッション中にMさんの心拍数を測定したところ、いつもは70前後だった心拍数が、100近くにまでなっていました。これは普段からプレッシャーを貯め込んでしまっている証拠です。

そんなMさんでしたが、元々前向きな性格なので、メンタルトレーニングを重ねていくうちに、自分を少しずつ取り戻していきました。

そんなMさんから、貸したままになっていたDVDが返送されたときの手紙を紹介します。

CapD_158


事例2:40代・男性会社員

Yさんは、元スポーツマンらしく、性格も明るく、前向き。お酒の席も大好きで、付き合いが全く苦にならず、職場の人間関係も良好です。

しかし、この数年、いつからか朝礼や大勢の前でプレゼンを行うときにだけ、緊張がひどくなる(ex;呼吸がつらくなる、肩が上がる、耳が赤く熱くなる、書いてある文章を読むのがつらくなる)ようになっていました。

あがり症に関する書籍を多数読んで、自己流で呼吸法や瞑想をやっていましたが、どれも一時的で効果が薄いと感じていたそうです。

メンタルトレーニング石井塾への入塾のきっかけは、会社の組合活動をしている中で、近々、まずは組合の執行委員になることが決まっており、2年後には組合委員長になる道が敷かれていることから、今後、全社員の前であいさつする機会も増えてくることから、自分のあがり症を本気で何とかしなければと考えたそうです。

そんなYさんが真面目にメンタルトレーニングに取り組み、3ヶ月後の組合大会で、自己紹介と政策説明を行ったときの報告が下記です。


石井先生

こんばんは。Yです。

土曜は無事に組合定期大会が終わりました。自己紹介と、執行委員として政策提案説明の2箇所で登壇しました。

自己紹介は自分の番になるにつれ、やはり足が震え、心臓の鼓動も速く強くなっていき、呼吸で落ち着かせるのはできず、そのまま登壇しました。話している最中は呼吸の意識は出来ませんでしたが、若干顔が強ばりつつも何とか話し、予定していない話を少し織り交ぜることもできました。

ただ、降壇しても3分程度は足の震えが止まりませんでしたが、呼吸と鼓動は直ぐに正常に戻っていました。

その30分後に再度登壇し、書いてある文章を読み上げる番がまわってきました。イメージトレーニングで用意していたシナリオに沿って、呼吸をしたり周りを見渡したりし、歩くスピードや呼吸もコントロールし、登壇。先程とはうってかわり、周りを見渡し、ハキハキした落ち着いた声で挨拶し、文章の息継ぎ箇所もある程度想定通りに行い、誰よりもハッキリと力強く話すことが出来ました。

意識的には先ほどとそこまで変わりませんが、終わってみるとすんなり話せていた、そんな感じです。思っていた以上によく出来たのでビックリしつつも、大きな自信を得ることが出来ました。

ということで、無事に会は終了し、印象深い組合役員デビュー戦となりました。

足が震え、鼓動をコントロール出来なかった課題はありますが、確実に自信がついたので、これからも教えて頂いたことを実践し、お世話になっている人への恩返しと、組合委員長が出来るだけの自信とメンタルの強さを身につけていきたいと思っています。

短い間でしたが本当にお世話になりました!石井先生、お身体ご自愛くださいね。

以上 Yより