受験・資格試験
大学入試や資格試験など、それまで何十日、場合によっては何年もかけて準備してきた試験を迎えることほど、緊張してしまうことはありません。

CapD20150517_2それも当り前です。その試験の結果によって、それまでの努力が水泡と化したり、また1年辛い生活を送らなければならなかったりするのですから。

しかし、いつでも平常心を再現できるようになったら、あなたはもう大丈夫です。緊張はするでしょう。でも、それを適正範囲にコントロールできるからです。絶対に合格できるなどとは言いませんが、実力に見合った結果を出すことができるようになります。

また、一般的な学力試験だけでなく、東京芸大(音楽・美術)、ヘリコプター操縦士試験、馬術検定、一級建築士、プロゴルファーなど、様々な実技試験の対策として、平常心メソッドを教えてきて、結果を出してきました。

>> 事例:新司法試験の受験生

 

拙書『「ここ一番に強い自分」は科学的に作り出せる』ページから