あがり症克服法の分類
一般の方はあまり知らないと思いますが、あがり症克服法(ストレス対処法)を含む心理療法・メンタルトレーニングというものは、心理学的には、大きく次の3種類に分類されます。

認知・思考系 ネガティブ思考や、歪んだ考え方の傾向に気づき、順序立てて修正する 認知療法、プラス思考、ポジティブシンキング、論理療法
暗示・催眠系 言葉やイメージを使って、自分に暗示をかけることによって、不安やストレスを取り除く セルフトーク、催眠療法、スピリチュアルヒーリング、前世療法、NLP(神経言語プログラミング)、シータヒーリング、自律訓練法、成功イメージ
行動・生理系 身体を意識的に動かすことによって、生理的なバランスの改善を図りながら、否定思考やストレッサーへの意識を分散させたり、コントロールする 呼吸法、ストレッチング、筋弛緩法、ヨガ、座禅、アレキサンダー、バイオフィードバック

 

これらの分類を知っておくことのメリットは、自分に相性の良いメンタルトレーニングを見つけられるようになるということです。

FH001_Lとりわけ、あなたが「暗示・催眠系」に向いているかどうか?です。

あなたが暗示にかかりやすいのであれば、暗示催眠系は良い選択肢になります。暗示催眠系は、それほど努力を必要としないだけでなく、即効性が高いので、軽度のあがり症であれば、すぐに改善することも少なくありません。

インターネットで、「一瞬で迷いが消えていく」「たった1日で自分が変わる!」と謳っているメソッドの多くが暗示系です(心当たりはありませんか?)。

反面、現実的で納得できる解決策を模索している人たちにとっては、暗示系のテクニックはなかなか受け入れられないし、効果も限定的です。ですから、認知・思考系か、行動・生理系のメソッドが選択肢になります。

つまるところ、あがり症というのは、生理的な過興奮に対して、ネガティブで大げさな間違った認知(もう終わりだ・何もできなかった)をしてしまうことです。

その意味では、私は、行動・生理系のメソッドを中心に身体覚醒をコントロールしながら、少しずつ認知・思考の仕方を変えていくことが、現実的であると考えています。

この2つのコンビネーションが、いわゆる「認知行動療法」であり、大学院で心理学を専門的に取り組んできた臨床家にとっての世界標準となりつつあります。